IT業界の就職は二つの開発のタイプを見極めてから決める

開発職を目指して就職活動しました

IT業界の就職は二つの開発のタイプを見極めてから決める 私は就職氷河期に就職活動をしました。のほほんと学生時代を過ごしたため、就職活動に対する知識が少なく、最初の頃はいわゆる大手企業ばかり受けていました。田舎の地方大学生でしたし、とびぬけた実績もないごく普通の生徒でしたから、正直身の程知らずといった状況でもちろん惨敗続きでした。次に考えたのが地元企業の事務系職種でした。しかしながら何の資格もなく、成績もごく普通、また就職には不向きと言われる学部のため苦戦が続き、いわゆるブラック企業といわれるような会社や、営業職では内定をいただきましたが総務・経理系の職種では全く採用されませんでした。

そんな私も、一応産前産後休暇・育児休暇を取得して働き続けることを考えていました。なので、開発職ならば手に職がつけられてずっと働けるのではないだろうかと考え、当時採用が多かったシステムエンジニアやプログラマはどうだろうと思いました。これらの職種は当時文系OK、未経験者歓迎とうたっている会社も多く、比較的就職しやすかったと思います。私も東京本社でかつ地元に支社を持つ会社に採用が決まり、未経験者ながら研修を通じてなんとか今まで仕事を続けてきています。当時念願だった産前産後休暇・育児休暇も取得し、アラフォーとなりましたがなんとか仕事を続けています。

私の場合は、運よく女性を活用してくれる会社に出会ったこと、また周囲の人に恵まれたことからなんとか今まで続けてこれました。このような業界・業種は適性もありますから安易には進められませんし、今後の状況もわかりませんが、開発職は門戸も広いですし向いていれば働きやすいのではないかと思います。

注目の情報